【イラスト付き解説】科学技術サイドのイノベーションが西洋美術に与えた影響3選 (part1)科学の目で芸術を眺めることの意義

スポンサーリンク
美術館への挑戦(西洋美術史)
スポンサーリンク

こんにちは、ジャパナード田中です。

このブログでは、「暇で貧乏でインキャな日本人」である私ジャパナードが、色々な挑戦をしていきます。

そして、挑戦の過程で手に入れた有益な情報を皆様にお届けしています。

毎日夜7時に更新しています。

 

本記事は[美術館への挑戦]シリーズの3記事目です。

この[美術館への挑戦]シリーズでは、西洋美術史が大好きな私ジャパナードが、美術関連の話題を語ります。

 

さて、今回から新連載を始めます。

タイトルは、

科学技術サイドのイノベーションが西洋美術に与えた影響3選

です。

(part1)の本記事では、科学の立場から芸術を眺めることの意義を考えます。

 

本記事を読んでいただければ、

科学や芸術が人間にとってどういう意味をもつのか

人類の歴史を俯瞰した時に科学と芸術はどう連動してきたのか、

などを考えるきっかけになり、様々な教養が身につきます。

 

昨今のグローバル時代には、科学と芸術は非常に重要な教養の代表格です。

深いテーマ設定ですが、ぜひサクッといきましょう!

 

スポンサーリンク

科学と芸術は似ている?寺田寅彦は「YES」、世間は「NO」

突然ですが、質問です。

科学と芸術って似てると思いますか?

抽象的な問いですね。

人によって答えは違うと思います。

かの有名な物理学者・随筆家の寺田寅彦は、『科学者と芸術家』という本を著しました。

私ジャパナードは高校生の時に拝読し、非常に感銘を受けました。

この本を読む限り、寺田寅彦は「1.似てると思う」の立場をとるはずです。

しかし、世間的には「2.似てないと思う」の方が多数派なのではないでしょうか?

寺田寅彦の主張が気になる方は、青空文庫で無料でお読みいただけます。

ここでは、世間的な意見について考えてみましょう。

世間の目では、科学と芸術は正反対の性格を持っていると捉えられがちです。

科学は理性を、芸術は感性を重視します。

(科学者は実験で爆発するイメージで、岡本太郎は芸術で爆発するイメージですね笑)

 

この結果、

「科学」は科学の文脈で、

「芸術」は芸術の文脈で、

それぞれ別々に語られることが多いように思います。

しかし、寺田寅彦のように、科学と芸術の共通性を見抜いている人も大勢います。

ですから、科学と芸術の間を橋渡しする議論には、何かしらの意味が隠されているはずなのです。

そこで、本連載では、科学の文脈で芸術を語ってみたいと思います。

3つの科学的発明が西洋美術史を180度変えた

科学の中では、いくつかの偉大な発明が生み出されました。

世界の形を丸々変えてしまう発明も数多くありました。

その中でも、西洋美術史に多大な影響を与えた発明が3つあります。

1.カメラ
2.絵の具とチューブ
3.インターネット

の3つです。

皆さん、どれも一度は使ったことがありますよね?

これら3つの発明は、いずれも科学技術サイドの発明です。

では、この発明が西洋美術サイドに与えた影響とは、それぞれ具体的になんなのでしょうか?

皆さんも予想してみてください。

ヒントは、いずれも人間を「ある呪縛から解放した」という共通点をもつことです。

本連載は毎日夜7時に更新されます。

正解は、明日からの記事で発表していきます。

お楽しみに!

ジャパナードの挑戦はこれからも続く!

今日はここまで!

本記事は、連載「科学技術サイドのイノベーションが西洋美術に与えた影響3選」の(part1)でした。

(part1)の本記事では、科学の立場から芸術を眺めることの意義を考えました。

 

本ブログは、毎日夜7時に更新しています。

これからも、「暇で貧乏でインキャな日本人」である私ジャパナードが、色々な挑戦をしていきます!

そして、挑戦の過程で手に入れた有益な情報を皆様にお届けしていきます。

他のカテゴリや記事(女の子のイラスト中国語への挑戦採点バイト東京モーターショー)もぜひご覧ください!

Twitterでも記事の更新をお知らせしております。

ぜひフォローをお願いします!

 

明日の更新をお楽しみに!

ブログのホームへ戻りたい方はこちらからどうぞ。

コメント