オーストラリアの森林火災は鎮火したのか?【最新の海外ニュースを翻訳】

スポンサーリンク
世界のニュースや歴史への挑戦
スポンサーリンク

オーストラリアの森林火災が話題になってから久しいですね。

多くの犠牲が出た、非常に凄惨な火災でした。

 

当ブログでも、以下の記事で紹介しました。

概要を知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

【コアラを救え】オーストラリアが火災……なぜ?いつから?私たちにできることは?衛星写真はガセ?
日本ではあまり報道されていませんが、いまオーストラリアが大変なことになっています。 さっそくですが、この画像をみてください↓ A wildlife rescuer holds a koala saved from the rag...

また、その後の動向についても一度取り上げました。

現地では環境問題への関心と政府への反発が合流し、市民によるデモが行われました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【海外ニュースまとめ】オーストラリア森林火災、海外ニュースをわかりやすくまとめた
先日のブログで紹介したように、オーストラリアでは大規模な森林火災が発生し多くの犠牲が出ています。 死者は25名にのぼり、さらに4億8千万もの動物たち(哺乳類や鳥など)が命を落としたと推定されています。 Australia. Me...

 

最近では新型コロナウイルスの話題に埋もれてしまっている感がありますね。

果たして現状はどうなのでしょうか?

最新の海外ニュースを翻訳してご紹介いたします。

スポンサーリンク

オーストラリアの森林火災は鎮火したのか?

概ね鎮火した

結論から言うと、オーストラリアの森林火災は概ね鎮火したようです。

以下、海外メディアからの引用です。

()内は私のざっくりした翻訳です。

When firefighters announced this week that all blazes in the hard-hit state of New South Wales were under control for the first time since September, the relief was palpable.

(今週、消防士たちは炎上の最も深刻だったニューサウスウェールズをコントロールできるようになったと発表した。これは火災の始まった九月以来はじめてのことで、人々を安心させたのは明らかだ。)

In other regions, a few fires are still being contained, but most Australians can finally abandon the grim rituals of the last half-year — morning checks of smog monitors and “Fires Near Me” apps, deciding whether the kids can play outside, whether to flee or defend their homes.

他の地域では、まだ火災のある地域もあるが、多くのオーストラリアの人たちはこの半年続いた不愉快な儀式をようやく終えることができる。その儀式とは、朝起きて、火災の煙や「近隣の火災情報」のアプリをチェックし、子供たちが外で遊んでも大丈夫か、家から出してもいいのか、それとも家の中で守らなければならないのかを判断するというものだ。)

このように、最も被害の深刻だったエリアで火災が制御できる状態になったようです。

昨年9月から約半年間、本当に長い闘いだったと思います。

現地の消防士さんたちには頭が上がりませんね。

 

また、現地で生活している国民への影響もあったようですね。

特に、子供たちが元気に外で遊び回れるようになったのは本当に嬉しいことだと思います。

お母さんたちも、毎朝火災情報をチェックするのは大変だったでしょう。

子供たちを何日も家に閉じ込めておかなければならない苦しさは、本当に辛かったと思います。

どこか現在の日本の、新型コロナウイルスによる鬱屈とした現状に通じるものがある気がしますね。

 

(ちなみに、新型コロナウイルスに関する記事はこちらからご覧いただけます。)

[2/18/2020]Japanese Talks About Coronavirus Circumstances in Japan
As you know, a new virus called "coronavirus" is widely spread all over the world. This virus is origin from Wuhan in...

(ただし、こちらは英語で書いた記事になっています。)

最も被害の深刻だったニューサウスウェールズの火災が鎮火

海外メディアによれば、上述のニューサウスウェールズの火災は完全に鎮火したようです。

 

先ほどのニュースでは「under control(制御できる)」という表現でした。

こちらのメディアでは、ニューサウスウェールズに関して「All Bushfires Extinguished(全ての森林火災が鎮火した)」と言う表現を使っています。

 

現地の消防士たちの、長期にわたる必死の消化活動がついに実を結んだ形ですね。

では、一体何が鎮火のきっかけだったのでしょうか?

実は、消防士だけではなく、他にも理由があります。

鎮火のきっかけは大雨だった

オーストラリアの森林火災、長く続きましたがいよいよ終わりが見えてきました。

では、一体どんな理由で鎮火したのでしょうか?

この理由を探ることは、今後同じような被害が起きた時のために非常に重要になってきますね。

 

結論から言うと、鎮火のきっかけは大雨でした

まず、こちらのツイートを引用します。

これはオーストラリア気象局(BOM)によるツイートです。

これを私がざっくり翻訳したのがこちら。

シドニーの降雨量はどれくらいか?事前情報が示すところによれば、過去4日間で391.6 mmの雨が降った。これは1990年2月2-5日の414.2 mmを塗り替えた最高記録だ。(以下割愛)

つまり、シドニーではとんでもない量の雨が降ったと言うことですね。

 

豪雨によって森林火災が鎮火する……。

これ自体は非常に喜ばしいことだと思います。

しかし、果たして、その豪雨はまともな気象なのでしょうか。

環境問題と関連づけて語られることの多かった森林火災が、異常気象によって終息したとすると……。

なんとも言えませんね。

今後も余談を許さない

環境問題と森林火災の関係

上述のような、環境問題と森林火災の関係も盛んに指摘されてきました。

実際、以下の記事で取り上げたようなデモ活動も起きています。

【海外ニュースまとめ】オーストラリア森林火災、海外ニュースをわかりやすくまとめた
先日のブログで紹介したように、オーストラリアでは大規模な森林火災が発生し多くの犠牲が出ています。 死者は25名にのぼり、さらに4億8千万もの動物たち(哺乳類や鳥など)が命を落としたと推定されています。 Australia. Me...

スウェーデンの環境活動家、15才の少女であるグレタさんが若者の環境意識に火をつけ、世界的な動きが加速しています。

 

では、果たして本当に環境問題との関連はあるのでしょうか?

今回のオーストラリア森林火災に関して言えば、科学的な研究論文はこれまで発表されてきませんでした。

しかし、この3月に新しい研究成果が発表され話題になりました(こちらの海外メディアが伝えています)。

この研究については、近日公開予定の記事でわかりやすく解説するのでぜひチェックしてみてください。

Twitterで拡散していただけると嬉しいです

本記事をTwitterで拡散していただけると嬉しいです。

こちらのボタンから拡散いただけます。

拡散いただければそのツイートをRTさせていただきます。

 

ツイッターでは、私のイラストレーターとしての活動をご覧いただけます。

また、記事を公開するたびにツイートでお知らせいたします。

ぜひフォローいただけるとありがたいです。

いま読むべき記事

今年のはじめに話題になった「第三次世界大戦」っていったいなんだったんでしょうか?

詳しくはここをチェックしてみてください。

【わかりやすく】第三次世界大戦 イランとアメリカが戦争する?ソレイマニって誰?トランプ達のツイートを翻訳して紹介した
ツイッターのトレンドに、不吉な文字列が出現しました。 「え!?第三次世界大戦!?」「怖い!」 平和におせちを食べている中、予想外の文字列に不安になった人も多いでしょう。 ツイッターで検索してみると、ツイッタラー...

 

パリの美術館から、無料で絵画をダウンロードする方法がこちらからご覧いただけます。

パリの美術館が10万作品を無料で公開して話題になりました。

しかし、肝心のサイトがフランス語で書かれており、ダウンロード方法がわかりにくい状況です。

そこで、画像を使って非常に丁寧にダウンロード方法をまとめました。

「わかりやすい」との反響もたくさんいただいたので、ぜひチェックしてみてください

美術館への挑戦(西洋美術史)
「美術館への挑戦(西洋美術史)」の記事一覧です。
美術館に行った感想、美術史の解説がこちらからご覧いただけます。
特に、最近開催されていた武蔵美の卒展についてはこちらで書きました。

武蔵美は五美大展にも出展していましたね。

【2020年】武蔵野美術大学卒業制作展 2020に行ってみた!実際の作品の写真、感想、混雑状況、アクセス方法などをまとめました
武蔵野美術大学、略して「武蔵美(ムサビ)」。 数ある美大の中でも、トップ大学の一つといっていいでしょう。 そんな武蔵美では、現在「卒業制作展」が開催されています。 学部4年生あるいは修士2年生の、卒業制作(一般大学…

 

ジャパナードの挑戦はこれからも続く!

本ブログは、毎日夜7時に更新しています。

 

これからも、「暇で貧乏でインキャな日本人」である私ジャパナードが、色々な挑戦をしていきます!

そして、挑戦の過程で手に入れた有益な情報を皆様にお届けしていきます。

 

 

Twitterでも記事の更新をお知らせしております。

ぜひフォローをお願いします!

 

明日の更新をお楽しみに!

ブログのホームへ戻りたい方はこちらからどうぞ。

コメント