ハプスブルク展 感想 見どころ 混雑してる?所要時間は?音声ガイドは誰?

スポンサーリンク
美術館への挑戦(西洋美術史)
スポンサーリンク

みなさんは、この女の子を見たことがありますか?

ベラスケスの傑作、《青いドレスのマルガリータ・テレサ》です。

マルガリータ王女の絵といえば、ほとんどの人がこの絵を思い浮かべるでしょう。

非常に有名で、美術ファン(特に女性)からも熱い支持を受けているこの一枚。

なんと、今なら上野で見ることができちゃうんです!

ということで、実際にハプスブルク展に行ってきたので、見どころなどをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ハプスブルク展の見どころは甲冑とマルガリータ王女!

感想・見どころ

ハプスブルク展の感想としては、「絵以外の展示もあって面白い!」というところです。

ハプスブルク家にまつわる展示なので、絵画以外の展示も多くありました。

例えば、甲冑や水差し、日時計、壺、フォークとスプーン、ピストル……などです。

普段美術館に絵画鑑賞に行っている人からすると、新鮮で面白いと思います。

当時のお金持ちたちが使っていた装飾品などは、きらびやかで本当に見応えがありました。

作品リストは公式サイトに掲載されており、こちらから絵画以外の色々な展示品があることが確認できます。

 

また、ハプスブルク家にまつわる世界史との関連も説明されており、歴史好きな人たちも楽しめる内容になっていると思います。

例えばベラスケスの絵です。

ベラスケスは宮廷画家としてフェリペ4世につかえていたので、フェリペ4世の肖像画を描いていたりします。

他にも、ルブランが描いた有名なマリーアントワネットの肖像画も見られます。

ハプスブルク家が世界史に与えた影響の大きさを実感できます。

所要時間は1〜2時間ほど。作品総数は100点

全作品数は100点です。

1作品に1分かけると、100分で見終わります。

さっと見て回ると1時間、そこそこちゃんと見て回ると2時間以上かかるでしょう。

ただし、混雑している時には待ち時間が長いのでどうしても1作品にかかる時間が長くなります。

全ての作品を、列に並んで近くから鑑賞する場合は、2時間以上かかるでしょう。

また、本展では絵画作品以外の作品もあります。

そういった作品をどの程度じっくり鑑賞するかによっても、所要時間は大きく変わってきます。

音声ガイドは「花總まり」さんと「梅原裕一郎」さん

本展の音声ガイドは「花總まり」さんと「梅原裕一郎」さんです。

花總まりさんは女優さんですね。

実は、東宝のミュージカルで、マリーアントワネットを演じられています。

本展でもマリーアントワネットの肖像は注目作品の一つですから、そういう関連で選ばれたんでしょうね。

梅原裕一郎さんは声優さんですね。

最近の作品でいくと、『慎重勇者』で主人公の龍宮院聖哉を演じていたり、『あひるの空』で八熊重信を演じられています。

声優として大活躍されていますね。

ハプスブルク展は国立西洋美術館で開催中!

場所と料金と会期

さて、本展の会場は国立西洋美術館です。

JR上野駅から上野公園口を出て歩くとすぐ見えてきます。

他の美術館から比べると、駅に近い方なので割とアクセスしやすいと思います。

 

当日に窓口でチケットを購入した場合料金は、

一般:1700円

大学生:1100円

高校生:700円

です。

キャンパスメンバーズの大学に所属している場合は、料金が1000円になります。

購入時に学生証を提示すれば自動でこの値段になります。

 

また、ハプスブルク展のこのチケットを使って、他の展覧会の料金が割引になるそうです。

特に、同じく上野で開催中の「ゴッホ展」の料金が100円引きになります。

これは嬉しいですね。

「ゴッホ展」は上野の森美術館2019年10月11日〜2020年1月13日まで開催中です。

せっかくですから、ついでに行ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

ハプスブルク展の会期は2019年10月19日〜2020年1月26日です。

毎週月曜日は休館日なので注意してください。

開館時間は9:30~17:30です。

ただし、金曜と土曜は20時までやってます。

会期末なので、そこそこ混雑していた

気になる混雑具合ですが、行ったのが会期末ということもあってか、そこそこ混雑していました。

一般に美術展は会期末になると混雑しますね。

色々なメディアで取り上げられ、認知度が高まっていくのが理由でしょう。

特に今回の展覧会は年末の休みと重なっていることもあって、そのせいで混雑するということもあるでしょうね。

ジャパナードの挑戦はこれからも続く!

本ブログは、毎日夜7時に更新しています。

これからも、「暇で貧乏でインキャな日本人」である私ジャパナードが、色々な挑戦をしていきます!

そして、挑戦の過程で手に入れた有益な情報を皆様にお届けしていきます。

他のカテゴリや記事(西洋美術史女の子のイラスト中国語への挑戦採点バイト東京モーターショー)もぜひご覧ください!

Twitterでも記事の更新をお知らせしております。

ぜひフォローをお願いします!

 

明日の更新をお楽しみに!

ブログのホームへ戻りたい方はこちらからどうぞ。

コメント